武藤なみ「究極乙女 LOVE ME AGAIN !」

武藤なみ:究極乙女「LOVE ME AGAIN !」パッケージ画像
画像クリックでパッケージ拡大
武藤なみ:究極乙女「LOVE ME AGAIN !」
Amazonで購入 | DMMで購入

武藤なみちゃん、2回目の登場です。というのも、アクセスログを見ると武藤なみちゃんで検索してくる方が凄く多いんですね。記事は一本しかないのでちょっと謎ですが、需要があればお答えしたい!ということで今回は「究極乙女『LOVE ME AGAIN !』」です。(前回の「究極乙女 武藤なみ Lovely Girl, Beautiful Dreamer」のレビュー記事はこちら

1989年3月3日生まれ
T158 B83 W59 H85 Bカップ
公式ブログ「武藤なみの日記」(終了)

彼女の魅力は何と言ってもお尻!ということでこんな感じです。

ボディチェック 武藤なみの体を隅々までチェック 究極乙女 武藤なみ「LOVE ME AGAIN !」Amazonで購入 | DMMで購入

究極乙女 武藤なみ「LOVE ME AGAIN !」キャプチャ画像 Tバック、胸の谷間、股間のアップ 究極乙女 武藤なみ「LOVE ME AGAIN !」Amazonで購入 | DMMで購入

ちょこっと女教師風のスーツを着ていますが、すぐにほぼ真っ裸状態です。Tバックのヒモがかろうじて局部を隠していると言うような状態・・・。なみちゃんは肌がキレイで、お尻もスベスベですね。 一反脱いだ後にストッキングを履きますが、その下に何も履いていないのがエロい。これで股を開いた状態だと肝心なところが見えてしまうのでは・・・と思うのが男の性というものですが、見えません。キャプチャをレベル補正して確かめましたw

究極乙女 武藤なみ「LOVE ME AGAIN !」生尻、マンコの食い込み&マンスジ 究極乙女 武藤なみ「LOVE ME AGAIN !」Amazonで購入 | DMMで購入

最初からズタズタに引き裂かれたスクール水着。破れてないものをまず見せて、その後破って欲しかった気もしますが、その分サービスたっぷりです。乳首はバッチリ透けて、股間もかなり食い込んでいます。接写もたっぷり。
ちょっとゆるい感じの赤い水着は、乳首ギリギリなだけでなく、下はずり下ろして股間のスジだけ手すりで隠す状態に。ギリギリまで見えて嬉しいですが、当然生尻も丸出し、前後ともにおいしいです。

究極乙女 武藤なみ「LOVE ME AGAIN !」キャプチャ画像 乳首透け、メコスジ、Tバック 究極乙女 武藤なみ「LOVE ME AGAIN !」Amazonで購入 | DMMで購入

サポーターを付けていない感じの競泳水着。さすがに白はやばいのか紺色ですが、それでも生地の薄さが目立ちます。マンスジもバッチリ。お尻はTバック状態で、シャワーで濡れるとさらにエロくなります。シャワーヘッドで乳首を隠すんですが、これは普通に手ブラの方が良かったような。

白いオーバーオール。このシーンは各サイトのレビューでも話題になっていますが、スジらしきものが見えてしまっています。問題のシーンがこちら。

究極乙女 武藤なみ「LOVE ME AGAIN !」でパイパンマンコのスジが丸見えに 究極乙女 武藤なみ「LOVE ME AGAIN !」Amazonで購入 | DMMで購入

判断はご覧の皆様にお任せします。Blu-rayだったら良かったのになぁ・・・

究極乙女 武藤なみ「LOVE ME AGAIN !」スクリーンショット パイパン、お尻、四つん這い 究極乙女 武藤なみ「LOVE ME AGAIN !」Amazonで購入 | DMMで購入

終盤まで来るともはや乳首透けでは驚かなくなりますが、それでもパイパンの土手をギリギリまで見せたり、ノーブラで乳首を花びらで隠す、椅子の手すりだけで隠す等々最後まで攻めてきます。

おまけチャプタはインタビューとメイキング。インタビューでは、スタイル維持の秘訣等々。メイキングは見えそうなタイミングでカット入っていたりして肝心なものは見えません。究極乙女シリーズのメイキングと言えば乳首がモロ見えだった石川優実ちゃんのDVDを思い出しますが(「究極乙女 石川優実」のレビュー記事)、今作はガードが堅いです。

全体を通して、尻派には文句なしの出来だと思います。彼女は出し惜しみしない上に、キュっと締まったほどよいサイズ、さらに凄く肌がキレイで、プルプルのツルツルです。形、肌質、露出のどれか1つor2つくらいまではよくありますが、三拍子そろっているイメージビデオは少ないです。
そしてパイパンマ○コのワレメがうっかり見えてる(かもしれない)というおまけまでありますから、95点くらいあげたいと思います。あとの5点は「乳首ポロリが欲しかったから」と言うのは贅沢すぎる要求かもしれません。